【2022ワールドカップ】日本対韓国戦はいつ?戦績と勝率は?

【2022ワールドカップ】日本対韓国戦はいつ?戦績と勝率は?

2022年ワールドカップ準々決勝の日本対韓国戦はいつキックオフなのか紹介しています。

日付が変わる時刻なので非常にややこしいので、いつかよく確認してください。

また2022年ワールドカップまでの日本と韓国の戦績と予想勝率を紹介しています。

結論から言うと、韓国は日本より格上のチームです。

日本が勝つ可能性は低いです。

しかし、2022年のサッカー日本代表ならば、必ず勝利してくれると信じています。

2023年1月26日現在で読まれている記事
【マンガ大賞2023】予想と、試し読みとあらすじ一覧を紹介!
【名探偵コナン考察】ピンガの正体は誰?酒の特徴から2名の候補が浮上!
【2023】マックフルーリー新作・小枝はいつまで?カロリー・糖質・量は?

目次

【2022ワールドカップ】日本対韓国戦はいつ?

12月10日(土) 0時キックオフ

(9日金曜日の深夜)

日本対韓国の準々決勝は、12月10日土曜日の0時にキックオフされます。

言い換えると、9日金曜日の深夜24時と言う意味です。

10日の土曜日の24時ではありませんので、ご注意ください。

女性に人気の記事は、こちら
コムドットのカッコいいポスター写真一覧
JO1「SuperCali(スーパーカリ)」の意味は?元ネタは?
SnowMan「ボクとキミと」の花は?花言葉は幸せな結婚?

【2022ワールドカップ】日本対韓国戦の戦績は?

16勝23分42敗(81試合)

日本対韓国は今まで81回戦っています。

16勝23分42敗で負け越しています。

実に2.5倍ほど負けていますね。

正直日本と韓国のサッカーの実力さはそれほど大きなものではないと思っていましたし、むしろ日本の方が強いのではないかと言う印象すらありました。

ですが、実際は日本よりも韓国の方がサッカーは強いです。

直近の試合は2022年7月に行われており、その時は日本が3対0で勝っています。

今回も直近の試合のように勝ちたいものですが、韓国も強豪ポルトガルを破るほどのチームです。

特に逆転した時のボールコントロールは非常に卓越したものがありました。

決して楽に勝てる相手ではありません。

残念ですが、現時点ではワールドカップ2022日本代表の方が格下だと言えるでしょう。

【2022ワールドカップ】日本対韓国戦の勝率は?

30%

2022年までの戦績を踏まえた勝率は高く見積もって30%です。

低く見積もると、25%。

4回に1度しか勝てないと言う勝率です。

勝率を見るとかなり分が悪い戦いだということがわかります。

韓国代表に対して日本はそれほど戦績が悪いです。

ただそれはドイツやスペインに対しても同様でした。

しかし、2022年ワールドカップ日本代表はそれを覆し、歴史的な勝利を収めました。

今の日本代表は相手が強ければ強いほど、自分たちも強くなります。

韓国は格上のチームですが、だからこそ日本代表の 持ち味も出るのかなと思います。

勝利の確率はあまり高くありませんが、たった1度の勝利はものにしてくれるものだと信じています。

日本人にそう信じさせられるほど、2022年ワールドカップ日本代表は強く、信頼できます。

\勝てないかもしれない。けど歴史を変えてくるかもしれない! ユニフォームを着て、一緒に応援しよう!/

スポーツ選手の人気記事は、こちら
陸上新スター、不破聖衣来(ふわせいら)今後の試合の出場予定は?2022年と2023年
【モロッコGK】ヤシン・ブヌの年俸と成績は?所属はどこで移籍する?
テオ・エルナンデスの年棒はいくらで、移籍は何回?成績は?

まとめ:【2022ワールドカップ】日本対韓国戦はいつ?戦績と勝率は?

いつ:
12月10日(土) 0時キックオフ
(9日金曜日の深夜)


戦績:
16勝23分42敗(81試合)

勝率:
30%

\勝てないかもしれない。けど歴史を変えてくるかもしれない! ユニフォームを着て、一緒に応援しよう!/

2022年ワールドカップ日本代表戦の記事は、こちら

森保監督のデスノート(メモ)には何が書いている(内容)?理由も紹介!
ABEMAが入場制限で見れない場合の4つの対処法は?
ABEMAが入場制限でも見る方法は?無料で確実に決勝まで見れます!
ワールドカップ、日本首位突破はいつぶり?リーグ予選の歴代記録を調べた
【2022ワールドカップ】日本対ブラジル戦はいつ?戦績と勝率は?
韓国対ブラジルの過去対戦成績は?27年間全6試合の結果を紹介!
【2022ワールドカップ】日本対韓国戦はいつ?戦績と勝率は?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元アニメ制作で、現在は地方で3児のパパのサラリーマン、アニメトトです。

幼稚園の頃から鍵っ子で家でアニメばかり見ていました。
アニメで育ち、アニメで学び、アニメがあるから今も生きているオタクです。
アニメさえ見ていれば、ご飯はいりません。

30年たち、アニメの制作進行業も経験し、父になりました。
大好きなアニメはもちろんのこと、漫画、ゲーム、ドラマ、映画のお役立ち情報を伝えていきます!

目次